壷田 和宏・亜矢 唐津荒土 焼き〆
5ec4b021bd217877a34d19d8 5ec4b021bd217877a34d19d8 5ec4b021bd217877a34d19d8 5ec4b021bd217877a34d19d8 5ec4b021bd217877a34d19d8 5ec4b021bd217877a34d19d8

壷田 和宏・亜矢 唐津荒土 焼き〆

残り1点

¥2,750 税込

送料についてはこちら

サイズ 約  直径 8.5㎝ 高さ 5cm 材質 陶器 唐津荒土 焼き〆 容量 約 8分目で100㏄ 8分目で約100㏄と、小さめの湯のみです。 温かいものを温かいうちに飲みきれるサイズ感。 小さなお菓子とともに、落ち着いたお茶の時間を楽しめそうです。 日本酒、焼酎を飲む方にも人気の大きさです。 ■■作り手■■ 壷田 和宏さん 壷田 亜矢さん ご夫妻で焼き物を作っています。共に1972年生まれ 愛知県で陶芸を学んだ彼らは、今は宮崎県の高千穂の山の上で、薪作りや土作りから始まる作陶を続けています。 薪窯を作り、生活する場もできる限り手作りで整えました。 鶏やヤギを飼い、広い敷地には鹿も訪れます。 土や木や火に少し近い暮らしから生まれる生活の器は、ざっくりとしていて、生活にゆっくりとした気持ちを思い出させてくれます。 ■■器の特徴■■ 鉄分を多く含んだ、ざらつきのある唐津土を焼き締めることで、長石粒は溶けて丸みををび、薪窯の温度や灰のかぶり方の違いで、茶~こげ茶~緑がかった灰色ととても自然できれいな色差が出ています。 飲み口はやや厚みがあり灰色、内側は全体にうっすらと灰がかかり薄く艶のある状態です。 写真5枚目:ポストカードとの大きさ比較 薪窯焼成のため、同じ窯で焼いても、窯の中の置く場所によって、温度や酸化還元、灰のかかりかたが全て変わってきます。 焼き上がりも、釉薬の溶け具合や色味、火色の出かた、毎回それぞれ違っていて、薪窯の焼き物の出会いの面白さです。